居酒屋大辞典

サラリーマンの居酒屋での常識

サラリーマンが居酒屋でお酒を飲む時、注意しなければいけない事があります。お酒の飲み過ぎ?それももちろんです。しかし、もっと気を付けなければいけない事があるのです。お酒が入るとどうしても声が大きくなってしまったりしますよね。

 

 

周りの雰囲気も関係しているからかもしれませんが、この時に会社のことを言うのは止めたほうが良いです。自社の悪口を言っていたりすると幾ら周りが賑やかでも、聞かれていたりするものです。もし、近くのテーブルで取引先の会社の人が飲んでいても仕切りなどがあると分からないものです。後で大変な思いをしない為にも、話題を変えるのが無難なところです。また、同僚と飲むときや上司と飲むときなどはその時々に応じて飲む量や料理内容にも気を配ることも常識ですよね。居酒屋には基本的、ママと呼ばれる人はいないので飲み物のお代わりなどタイミングが難しいところです。

 

 

仕事が出来る出来ないは関係なく、こういった場で気が利ける人というのは上司からも同僚からも好かれることでしょう。気を利かせつつ、自分自身も楽しめれば居酒屋はかなり魅力的な場となることは間違いありません。そういったお客様をサポートするのが居酒屋スタッフの笑顔であり仕事なのです。